モバイルおよび在宅医療介護を支えるICT

事業紹介

在宅医療介護に対するニーズは高齢化の進展に加えて、日常的な医療的ケアが必要な子どもたちやその家族への支援充実にあります。
この中、昨今の社会要請から、離れた場所から患者の状態をリアルタイムにとらえる動きが活発です。
高齢者に加えて、人工呼吸器を必要とする子供たちの自宅や小学校などの学習施設での見守り、
救急車といったモバイル環境での搬送患者の状態把握などにICT技術が使われつつあります

このような高度な在宅医療及びモバイル環境では、通常、医療機器と見守り装置との間には多数のケーブルがありますが、
安心できる切れないケーブルが期待されています。
一般医療機器から人工呼吸器のような高度管理医療機器に及ぶ複数の機器からアラームやデータをセキュアに確かに取り出し、
そこから緊急を要する情報を的確に医療従事者に伝える事が求められています。
これを実現するために、セキュアな近距離無線通信で医療機器群からのアラームやデータを集約して、遠隔に伝えることが望まれています。
加えて、子どもたちの学習施設やモバイル環境での利用が容易なICT技術が必須となっています。

在宅医療機器スマートアラームシステム

信州大学医学部を中心とするグループでは、2017年度からこの問題解決に向けて、実運用を目指した在宅医療機器スマートアラームシステムを研究開発してきました。当社は、2021年度から、この成果をさらに発展させた使いやすい次世代のスマートアラームシステムの研究開発に参画しています。

このシステムは、ベッドサイドから離れた場所の家族や医療従事者への通知、対処不要のアラーム(偽アラーム)の抑制、生体・機器情報の関係者での共有、各社各様の在宅医療機器のアラームの統合を目指しており、操作の慣れたスマートフォンをベッドサイドでの友だち(スマホ・バディシステム、Smartphone buddy system)と位置付けています。
そして、在宅でも学習施設でも容易に使えるように、見守りをする人たちのスマートフォンに確かに大事なアラームを知らせるシステムとしています。

異常が起きた場合のアラームや発光の種類から問題が起きている部分が分かりにくく、
さらに離れた場所にいた時などアラームに気づかないということがあります。

人工呼吸器をはじめとした「高度管理医療機器」を在宅で利用する環境ができつつありますが、患者の容態を的確にとらえ、支援者の負担をいかに抑えるかが重要です。

人工呼吸器はパルスオキシメータという別の医療機器や吸引器と組み合わせて使われていますが、在宅や病院内で使用する高度管理医療機器は製造会社によって、ハードウェアやソフトウェアのインタフェースや接続するケーブルがばらばらなため、これらの医療機器を統合的に使うことは難しいのが現状です。

また、救急車内などのモバイル環境では、機器が揺れる、無線が安定しない、電源が十分取れない、暗号化セキュリティの設定が難しいなどの問題もあります。
これらを解決するために、高度管理医療機器のインタフェースの違いを吸収する機構とセキュアな省電力近距離無線通信があります。

目指すスマートアラームシステム

人工呼吸器やパルスオキシメータからのアラームデータを、Bluetoothに加えてIEEE802.15.4g標準920MHz無線で送ることができるアラーム通報システムで、アラームデータもパスワード設定不要で自動で暗号化がされる

参考論文

参考資料

モバイル及び在宅医療介護を支えるICT

モバイル在宅医療フライヤー2021.pdf


電波技術協会報「FORN」 2020.9 No.336

magazine.pdf


救急車患者のリアルタイム状態把握プロジェクト

2019年度アジア・太平洋電気通信共同体(APT)プロジェクト

タイ国救急医療庁救急医療サービス(EMS)救急車搭載医療機器ネットワーク設計開発支援


救急車内で生体データを集めてEMSセンターに送る

実証時の救急車内とEMCセンターのオペレーション風景

救急車内搬送患者の体温、血圧、SpO2、脈拍、心電図を救急車内から国立EMSセンターに送る事で、同センタにおいて搬送患者の状態を把握し、救急車に最適な病院に搬送させる。
この基本部である体温、血圧、SpO2、脈拍を測る医療機器とそれら医療機器からのデータをセキュアに集約する技術を提供した。

document2.pdf

関連リンク